お肌の老化の原因

●2014年4月21日(月曜日)記事:お肌の老化の原因●

いつもブログにご訪問頂きありがとうございます。

オースディお客様係りの横瀧です( ・ω・)

現在、楽天プレゼント、FB懸賞、ヤフー懸賞、モニプラ企画など、

お得なプレゼント企画が進行中ですので、是非、チェックしてみてくださいね!

▼楽天スマホエントリーでポイント10倍!!

▼【楽天プレゼント!!】☆DUVOTAプレミアムクレンジングミルク

▼春の美肌計画!3名様に最高級クレンジングプレゼント♪

▼紫外線ダメージをリセット!APPS化粧水お試しモニター募集!

募集締切:2014年4月28日(月)

———————–

さて、本日はお肌の老化について。

どんな正しいスキンケアをしていても、加齢にともない老化現象が生じます。

その主な原因として、次の4つがあります。


①紫外線による光老化

肌に有害な紫外線は真皮にまで達します。

真皮のほとんどはコラーゲンで構成され、その中にエラスチンが混在しています。

コラーゲンもエラスチンも皮膚の弾力やツヤを保つ働きをしています。

紫外線はこれらの繊維質を破壊する酵素を増やしてしまいます( ´(ェ)`)

するとコラーゲンんは劣化し、エラスチンの繊維が切断されてしまいます。

その結果、皮膚の弾力が失われ、シワやたるみの原因になります。

この紫外線による皮膚のダメージを「光老化」といいます。


②活性酸素による皮膚の酸化

活性酸素は紫外線やストレス、喫煙などが原因で体内に発生する物質です。

活性酸素が増えすぎると、コラーゲンが固くなったりエラスチンが破壊されます。

すると、皮膚の酸化が進み、ハリ・ツヤが失われていきます。


③皮膚の乾燥

肌の保湿成分であるセラミドなどの角質細胞間脂質や、

アミノ酸などの天然保湿因子(NMF)、皮脂などが生活習慣や間違ったスキンケア、

加齢にともなって減少することが原因で起こります。


④皮膚の菲薄化(ひはくか)

皮膚が薄くなっていく現象です。

コラーゲンやエラスチンの生成量の低下が原因ですが、

女性ホルモンも大きくかかわっています。

女性ホルモンは更年期を迎えると急激に低下し、それがコラーゲンの減少に拍車をかけ、

表皮全体が薄くなり肌のふっくら感が失われていきます。

———–

以上のように肌の老化はどうしても避けられません。

しかし、シミ・シワ、たるみの原因をしっかり押さえておけが、

予防・改善がスキンケアでも可能になります。

まだ大丈夫と思わず、アラフォーになったらアンチエイジング必須ですよ(* ^ー゚)b

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・


◇商品のお問い合わせ先:

・お電話でのお問合せ:【通話料無料】0800-200-8786(平日:9時-17時)

・メールでのお問合せ:info(アットマーク)ohsdie.com(2営業日以内のお返事)

・Twitterでのお問合せ:https://twitter.com/OHSDIE

・facebookでのお問合せ:https://www.facebook.com/OHSDIE

・・・・・・・・・・・・

ブログでは伝えきれないコアな化粧品の情報をメルマガにて配信中♪


ブログではお伝えできない化粧品で「損」をしないポイントを無料メルマガで伝授します!これだけは知っておきたい化粧品で「損」をしないための7つのポイントを毎回分かりやすく解説します。もちろん、登録は無料!下記フォームから読者登録してください^^

●facebookでもご質問などなどお気軽にどうぞ♪●
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Comments

comments

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


つぶやき

ページ上部へ戻る