Loading

BLOG

ブランドって何?

こんにちわ。オースディ横瀧です。本日は、「ブランド」について。

「ブランド」「ブランディング」というと大げさに感じるかもしれませんが、実際は多くの企業が当たり前のように行っています。販促活動のように「買ってください!」というアピールではなく、「欲しい」「体験したい」という気持ちをユーザーの中に育て、「きっと気に入るだろう」「いい経験ができるだろう」といった印象をもってもらう活動が「ブランディング」であり、そうした期待に応え続け、実績や信頼を商品名や商標、体験に象徴させてたものが「ブランド」です。

ブランドって商売的に一言でいうと信用商売です。調べれば、様々なブランド論がでてくると思いますが、僕の考えるブランドは、象徴です。象徴である「思想」や「考え方」「ライフスタイル」を具現化したものが「ブランド」です。人は、そのブランドを購入する事で、そのブランドに「共感」しています。ビジネス的には、信用を買っている。マーケティング的には、買って後悔しないため。もちろん、有形、無形、形あるものしか流通しないから、ブランドはその信用や共感モデルを何らかの提供物としてプロダクトアウトする。

 

永続的な価値を創造してそれを取り込むためには、差別化のないコモディティ・ビジネスを行なってはならない。(ピーター・ティール)

 

ブランドとは、価値観や思想、理念という見えないもので、それを提供物としてプロダクトアウトして対象者に届けるデザインを、マーケティングという。いわゆる、これがマーケティング戦略です。

そのプロダクト、サービスをどのように広めて、認知させて、マネタイズ(お金化)していくかの戦術をマーケティング戦術という。いわゆるセールスプロモーションですね。

 

販売ではなくプロダクトに集中すること 販売のために広告や営業が必要だとしたら、プロダクトに問題がある。テクノロジーは製品開発にこそ活かされるべきで、販売は二の次でいい。バブル時代の広告は明らかな浪費だった。バイラルな成長だけが持続可能なのだ。(ピーター・ティール)

 

これはちょっと厳しい意見だけど、だからこそ、ブランドが大切なんです。ブランディングしていないと、あっという間にコモディティビジネス化してしまい、生き残れないか、とても苦しい戦いを強いられます。

これからブランドビジネスを展開しようとするときは、もう一度、そのブランド化しようとしている商品、サービスに価値、社会的意義があるか、考えください。

naohiro YOKOTAKIオースディ株式会社代表取締役社長

投稿者プロフィール

DUVOTA(ドゥボータ)化粧品開発者。美容研究家/香粧品プロフェッショナル/ブランディングエキスパート。国産ミネラルファンデーションのETVOS(エトヴォス)、プロフェッショナルスキンケアのDUVOTA(ドゥボータ)など、十数年間、化粧品ブランドの立ち上げから販売、ECプロモーションなどを手掛けてきました。

エステサロン・美容クリニック様へ

化粧品のODM(企画開発)承ります

PAGE TOP