Loading

STORY

DUVOTA(ドゥボータ)化粧品と僕の話。

オースディ株式会社代表取締役の横瀧尚弘です。今回は、少し自分のことを書こうと思います。僕の化粧品業界デビューは、エトヴォスというミネラルコスメの会社から始まりました。

その前に僕がどういう人間か簡単に説明しておきます。もともと僕は嘘をつくのが苦手で、学生時代のアルバイトの時も、悪いものは悪いと言うし、仕事ができていない店長にはそう進言して、トラブルになりクビになったこともあります。もちろん、そんな僕を面白いやつだなといってかわいがってくれた先輩たちもいました。

ETVOS(エトヴォス)起業

大学に進学して、自分の学びたい学問が哲学かもと思い転部を申請するも、単位が足りず、そのままドイツ文学科にしか籍を置けなかったので、大学は辞めました。自分の学びたいものが学べない大学教育には全く興味がなかったし、卒業するために、やりたくないことをこの先何年もやり続けるなんて苦行でしかない。当時、周りの大人たちは、苦行でもみんなそうやって成長するんだから、我慢して大学を卒業しなさいと諭された。僕はそこに楽しさや、幸せはないと、判断して、大学中退というレッテルを貼られて社会に出ました。母親は、自分の育て方が悪かった、放蕩息子に育ててしまったと泣いていました。母親も結構奔放な人なんですが・・・。とにかく、母親には、申し訳ないと思いましたが、自分の人生なので、自分で決めさせてもらいました。

社会に出ると、案の定、大学中退の重石はボディブローのように効いてきました。興味のある会社は、大卒資格がないと面接もしてくれませんでした。とにかく独り暮らしで、食べていかないといけないので、学歴不問の営業の仕事をはじめました。何社か営業の仕事をして、充実してきた頃、一部上場の大手IT会社の正社員になりました。当時では珍しく、大学中退でも、しっかり働いてくれればいい。そんな会社でした。僕はヤル気満々、良いと思うことをどんどん実行していこうとしましたが、旧態依然とした組織は、拒絶反応を示しました。ほどなくして、組織との軋轢に嫌気がさして、辞めて起業しようと思っていたときに、タイミングよく実姉から共同起業の話がもちあがりました。

起業の話は、アメリカで人気を博しているミネラルファンデーションを日本でも販売しようというものでした。まだ、日本ではミネラルファンデーションというカテゴリーがなく、売れるかどうかは全くの未知数でした。でも、本当に良い物やサービスをお客様に届けたい想いは僕を突き動かし、僕があたためていた「ETVOS」というブランド名を冠し、日本初のミネラルファンデーションが誕生しました。

エトヴォス解任

僕は妥協を知らない。良いものは良いし、良くないものは、良くない。僕は僕だし、僕のライフスタイルは僕が決める。やりたくないことはやらないし、嘘もつかない、本音を言う。今から思えば、まだまだ若かったけど、当時の僕にとってはそれが全てでした。エトヴォスは順調に成長し、3人だけの会社はすぐ人が増えて、「組織」になっていきました。当時の僕は、起業前に修行にでた、四国遍路旅の名残で、「坊主頭」を貫いていました。組織が大きくなるにつれて、僕のライフスタイルや言動や行動が、「組織」にそぐわなくなってきました。

「坊主頭」とえいば、中学3年生のときに転校した中学校が、「坊主頭」が校則で決めれていました。男子は髪の毛を伸ばすことを許されなかったのです。今ではありえない話ですが、まだ、そんな校則が存在していました。大阪市内から転校してきた僕は、もちろん、髪の毛を伸ばしています。僕は、髪の毛を切りませんでした。頑なに坊主にはしなかった。槍が降ろうが、坊主軍団に囲まれようが、毎日、反省文を書かされても、髪の毛は切らなかった。

そんな僕に呆れた生活指導部の先生は、それならば、抵抗するより、校則を変えればいい。そう助言してくれました。そうして、高校受験を控えた中学3年生の僕は、頭を丸めて生徒会に立候補し、活動を開始しました。結果、中学3年の卒業間際になって、戦後から続く、坊主頭から僕たちは解放されました。皮肉なもので、そんな嫌だった、坊主頭でエトヴォスを創業し、活動していたのです。

今度は、髪を伸ばせと、姉が言う。見た目が悪い、印象が悪い。社員が怖がる。言いようは何でもありだ。エトヴォスの株式は過半数を姉が握っていたから、逆らえない。もちろん、髪型については、口実だったとは思う。だが、僕は断った。絶対に髪の毛は伸ばさない。今思えば、笑い話ですが、当時の僕は、人生をかけて坊主頭にしていました。坊主頭もそうですが、様々な理由から、結局、取締役会で「解任」決議がだされ、僕はエトヴォスを去ることになりました。

エトヴォス解任から、ほどなくてして僕は、僕だけの会社、オースディを起業しました。反省すべきところは、反省するけど、前に進まなければならない。自分のライフスタイルや、本当に僕が良いと思うもの、良いと思うサービスを届けるためには、もう一度自分で起業するしかない。そんな思いで、誕生した化粧品ブランドが「DUVOTA(ドゥボータ)化粧品」です。エトヴォス時代から化粧品業界に携わり、業界の構造や、しがらみをみてきました。結論は、それなりの美容効果を期待するのであれば、それなりの成分を配合しないといけません。ただ、コスト構造と常識的なマーケティング能力があれば、ある程度、市場にある製品に辿り着くのです。

たとえば、1日工場を稼働させるコストが10万円だとして、1日の工場の生産能力が1万本だとすれば、1万本つくれば、1本あたりは10円。100本だと1,000円まで跳ね上がります。だから、たくさん作らないといけない。これは至極もっともな話です。そして、化粧品原料もたくさん作れれば、作るほど、製造コストが下がる工業製品原料を使います。化粧品業界では、使う美容成分が、ポイントで、1万本分の原料を使えば、安くなる原料と、1万本分であろうが、1本分であろうが、原料単価があまり変わらない美容成分が存在します。たとえば、1kg1万円の原料でも1トン作れば、1kgあたり500円になる原料もあれば、あまり変わらず、1kgあたり0.8万円の原料が存在します。

もちろん、大手化粧品会社は販売能力があるので、作れば作るほど安くなる原料を使います。故に、市場に出回っている化粧品というものは、大手化粧品会社の「価値観」で作られています。いわゆる良い化粧品の「ユニクロ」化みたいなものです。

DUVOTA(ドゥボータ)化粧品では、大手化粧品会社が手を出せない原料を使用しています。数を作っても安くならない原料です。工業製品ではないので、製造するのにコストがかかります。そんな至極の美容成分が世の中にはたくさん存在します。僕が、市場にはない、美容効果が高い化粧品をつくることができる仕組みです。大手化粧品会社はある程度、販売数を見込んで、売れる価格帯から逆算して製品設計します。そのため、販売価格と販売数は比例するので、販売数が見込めない製造コストがかかる高額な化粧品は投入できないし、マーケットシェアを考えるとやる理由がないんです。

DUVOTA(ドゥボータ)化粧品は美容効果が高く、しっかり効果も期待できる美容成分を厳選して処方設計しています。製造コストは正直、高いです。だから、DUVOTA(ドゥボータ)化粧品は、一般的に流通している化粧品に比べて少し高いかもしれません。でも、本当に良いと思えるものを、正直に、誠実に届けたい。ただ、それだけです。本当に信頼してもらえるお客様だけに届けばいいかなと思っています。それでもここまで10年間、やってこれたのは、僕のやり方が間違ってなかった、ということかもしれません。これからも、本当に良いと思えるものを創っていきたい。少し長くなりましたが、僕のバックグラウンドと、DUVOTA(ドゥボータ)化粧品10年目の本音です。今の髪型?めちゃ普通です(笑

Life is Beautiful

「人生は素晴らしい」

そう思える、商品、サービスを届けたい。

そして、ありがとう。

オースディ株式会社 代表取締役 横瀧尚弘

PAGE TOP